23VirtueForex(ヴァーチュフォレックス)

VirtueForex(ヴァーチュフォレックス)

透明性の高い取引と圧巻の約定スピードが魅力の海外FX業者

VirtueForexは、パナマを拠点する海外FX業者。2016年から個人向けサービスを開始し、2022年で5周年を迎えたばかりの比較的新しいFX業者となっています。そんなVirtueForexのスローガンは、「トレードをスマートに」。透明性高い取引を提供するほか、約定スピードの速さを重視しているのが特長です。約定率の高さを実現することができる理由には、ニューヨークにある金融データセンターのバックボーンを利用したサーバを用意していることがあります。その結果、約定率99.9%を13~15/1,000秒という、圧巻のスピードを実現。トレーダーの間でも高い評価を得ているようです。また、日本人向けの日本語サポートも充実。チャットやLINEから24時間365日コンタクトできるのも魅力となっています。顧客満足度が高くリピート率で83.7%という高い数値をたたき出していることもうなずけます。

メリット

  • 約定率99.9%を13~15/1,000秒という、圧巻の約定スピード
  • 日本語サポートが充実
  • 透明性の高い取引方式NDDを採用

デメリット

  • 金融ライセンス未取得で信頼性が低い
  • レバレッジが最大500倍と平均的
  • ボーナスやキャンペーンが一切ない
  • 取引プラットフォームにMT5が使用不可
  • 資金管理において信託保全が行われていない
最大レバレッジ ゼロカットシステム EA(自動売買) 両建て スキャルピング 手数料
500倍 あり 可能 可能 可能 入金は無料だが出金には手数料が必要
最小スプレッド 口座開設ボーナス 入金ボーナス その他ボーナス
ドル/円1.0pips~ なし なし なし
透明性の高いNDD方式を採用
VirtueForex では、公式サイトにおいて透明性の高い取引を行っていることを明示しています。DD方式を採用する多くのFX業者ではノミ行為が行われているとも言われていますが、VirtueForexは純粋にインターバンクレートに手数料を乗せたレートをトレーダーに提示、安心して取引が可能です。また、提携している16のリクイディプロバイダー(LP)を公式ホームページ上に公開しているのもVirtueForexならでは。スリッページやリクオートが起こるケースがほとんどないともいわれており、快適かつ安全な環境でトレードを行えるのも魅力です。
スキャルピングや両建てにも問題なくチャレンジ可能
海外FX業者の中には、両建てやスキャルピングを禁止しているブローカーも少なくありません。しかしVirtueForexでは、スキャルピングが問題なく行えるほか両建てもあわせて利用可能です。レバレッジは最大500倍と物足りない印象がありますが、トレードに制限が少ないところは中・上級トレーダーにとってはメリットと言えるでしょう。