海外FXの中でも人気の高いBigBossとXMですが、いざ口座開設しようと思っても、「複数口座を抱えている業者の場合には、どの口座を選んだらいいかわからない」と思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そんな時、「オーソドックスな口座を選んでおけば安全」と安易に選んでしまうケースは少なくありません。とはいえ、よくよく口座内容を見ていくと、ボーナスキャンペーンをもらえる口座、スプレッドが狭い口座、EAなどのツールが使える口座など、口座によって利用できるサービスが異なります。そのため、口座選びは慎重に行う必要があるのです。

そこで今回は、BigBossとXMの、それぞれの口座タイプについて詳しく見ていきたいと思います。

BigBossの口座タイプ

BigBossの口座タイプは、以下の3つとなっています。

  スタンダード口座 FOCREX口座 プロスプレッド口座
口座通貨タイプ USD,JPY USD,JPY,BTC,ETH, OMG, QASH, EXC, RSVC XRP, NEO、BXC USD,JPY
注文方式 NDD ECN方式 CEX方式 NDD ECN方式
レバレッジ 最大999

※レバレッジは口座残高比例式

※[USDRUB、USDTRYUSDZARCFD]はレバレッジ50倍固定

現物取引 最大999

※レバレッジは口座残高比例式

※[USDRUB、USDTRYUSDZAR]はレバレッジ50倍固定

取引通貨ペア Forex Major, Forex Minor, CFDなど Forex Major, Forex Minor

スタンダード口座

BigBossのスタンダード口座は、名前の通りBigBossの最も無難なタイプの口座となっています。だれでもトレードがしやすいスタンダードな口座なので、初心者トレーダーが選ぶのにはもってこいの口座です。スタンダード口座は、プロスプレッド口座と比べるとスプレッドはやや広めに設定されているものの、海外FX全体のなかではそれほど広いとも言えず、ほどほどのスプレッドの狭さと言えるでしょう。

FOCREX口座

FOCREXとは、BigBossが運営する仮想取引所のこと。こちらの口座で実際に取引をする場合には、BigBossではなくFOCREXにて行われるのが特徴です。とはいえ、管理する運営会社はBigBossと同じですので、安心して取引することができます。

プロスプレッド口座

BigBossのプロスプレッド口座は、何と言っても「極狭のスプレッド」がポイントです。特に、BigBossのプロスプレッド口座は、業界でもトップクラスの極狭スプレッドを誇っています。しかし、BigBossではNDDスタイルを採用していてもECN方式のため手数料がかかるのがネック。しかも、往復で$9ほど必要になりますので注意が必要です。スプレッド重視のトレーダーには、メリットが大きいプロスプレッド口座ですが、それ以外には目立った特徴はありません。

XMの口座タイプ

続いて、XMの口座タイプを見ていきましょう。

XMの口座タイプは3つで、一般的なスタンダード口座、最大ロット数が大きいマイクロ口座、ゼロ口座があります。ゼロ口座はスプレッドが狭いのが特徴ですが、手数料がかかるため、トータルで考えると手数料を取るかスプレッドを取るかの違いとなるでしょう。

口座タイプ スタンダード口座 ゼロ口座 マイクロ口座
口座基本通貨 米ドル
ユーロ
日本円
米ドル
ユーロ
日本円
米ドル
ユーロ
日本円
1Lotの通貨単位 100,000通貨 100,000通貨 1,000通貨
レバレッジ 1,000倍($5~20,000)
200
($20,001~100,000)
100
($100,001)
500倍($5~20,000)
200
($20,001~100,000)
100
($100,001)
1,000倍($5~20,000)
200
($20,001~100,000)
100
($100,001)
スプレッド 1.0pips~ 0.0pips~ 1.0pips~
取引手数料 なし 往復1Lotあたり$10 なし
最大保有ポジション 200 200 200
最小Lot 0.01Lot 0.01Lot 0.01Lot (MT4)
0.1Lot (MT5)
最大Lot 50Lot 50Lot 100Lot
口座開設ボーナス あり あり あり
入金ボーナス あり なし あり
最低入金額 5 5 5

口座タイプから見るBigBoss vs XMどちらが口座を開きたい海外FX業者?

BigBossとXMの口座タイプには、どちらもスタンダードタイプとスプレッドが狭い口座があります。

BigBossやXMのように口座タイプがたくさんあると、選択肢が広がって良さそうと思う方もいらっしゃるかもしれませんが、実際には「選びにくい」「最適な口座タイプが分かりづらい」という難点があります。

口座タイプは、自分がどのようなトレード方法取ってトレードしていくかによって、選択するものが変わります。そのため、事前にトレードスタイルをしっかり考慮して、失敗しない口座開設をするようにしましょう。

TAITAN FX の関連記事こちらの記事も人気です。