日本人トレーダーに人気の海外FX業者である、BigBossとXM。海外FX業者選びをする際に、しばし気にされるもののひとつに「取引形式(注文形式)」がありますが、これを詳しく知っているトレーダーはあまり多くないのではないでしょうか?

ほとんどの方はFX業者選びをする際に、「レバレッジやボーナスで口座開設するかどうか」を判断していると思いますが、実はこの取引方式によってFXトレードによる利益が少なくなってしまう業者があるため、注意が必要なのです。しかも、取引方式には大きく2つのものがありDD方式とNDD方式があり、NDD方式にはさらに細かく分けられた方式もあって少々複雑な仕組みとなっています。

そこで今回はBigBossとXM、それぞれの取引方式(DD方式or NDD方式)について詳しく解説していきます。

DD方式とは?

DD方式とは「Dealing Desk(ディーリングデスク)」を略した言葉です。この方式では、トレーダーからの注文を受ける際に、FX業社を通してインターバンクに注文が出されます。その際にトレーダーの注文が必ず発注されているとは限らず、ディーラー側が調整可能となっているため、FX業者に有利になる注文は市場に流し、不利になる注文は市場に通さないといういわゆる「ノミ行為」が行われる可能性があります。この場合、トレーダーとFX業社の関係は利益相反となる点がポイントです。そのため、トレーダーが儲かるとFX業社がマイナスに、トレーダーが損をするとFX業社がプラスになります。

NDD方式とは?

一方のNDD方式は「Non Dealing Desk(ノンディーリングデスク)」と呼ばれる取引方式を指します。 こちらは、トレーダーの注文を受ける際に、FX業社を通さずストレートにインターバンクへ注文が出される仕組みです。これにより、NDD方式ではDD方式と異なり透明性が高く安全なトレードが可能。また、トレーダーとFX業社はトレーダーが儲かるとFX業社も儲かる関係(Win-Winの関係)になるのもメリットです。

では、どうやってFX業者は儲かるのかというと、その収入源はスプレッドになります。そのため、NDD方式のFX業者は必然的にDD方式よりスプレッドが広めになっているという特徴があります。とはいえ、約定拒否やスリッページなどが起こりにくいため、FX業者によってはスキャルピングも認めていることが多いです。

そして、NDD方式にはさらに細かく2種類の方法があることも覚えておきたいところ。それが「ECN(Electric Communications Network)方式」と「STP(Straight Through Processing)方式」です。

ECN方式では、スプレッドはほぼゼロになるものの、トレーダーから注文ごとに手数料を徴収し、それを利益としています。一方のSTP方式では、FX業社が若干スプレッドを上乗せすることで利益を上げている形です。

BigBossの取引方式

では、BigBossの取引方式について見ていきましょう。

BigBossでは、スタンダード口座、プロスプレッド口座共に「NDD ECN方式」と公式サイトで明言されています。

XMの取引方式

一方のXMでも、BigBoss同様にNDD方式が取られていると言われています。とはいえ、公式サイトで明言されているというわけではなく、一般的に「NDD方式の可能性が高い」と言われているものになります。

取引方式から見るBigBossvs XMどちらが口座を開きたい海外FX業者?

XMは公式サイトで明言されているわけではありませんが、基本的にBigBossもXMともにNDD方式です。よって、どちらのFX業者を選んでも「透明性の高いトレードが出来る」という点では安心だと言えます。NDD方式では、約定拒否もありませんし、スリッページもないのが大きなメリットです。

その一方で、NDD方式がゆえにスプレッドが多少広めになっているのはデメリットと感じる方もいるかもしれません。スプレッド重視のスキャルピングトレーダーやデイトレーダーなどは気を付けておきましょう。

ちなみにNDD方式ではないDD方式を採用していると言われる海外FX業者にはGEMFOREXがあります。GEMFOREXはDD方式とNDD方式の両方が採用されているという噂もありますが、真偽のほどは定かではありません。しかし、豪華なボーナスキャンペーンを行っていたり、スタンダード口座にもかかわらずスプレッドが異様に狭かったりと、DD方式を採用している可能性も捨てきれません。

いずれにせよ、取引方式を明示しない業者が多い中、公式サイトにNDD方式を採用していると書かれているFX業者はすごく良心的です。特に、海外FXでDD方式の場合には、公式サイトに記載されているケースはほとんどありません。DD方式とNDD方式の違いは、トレードにも大きく影響する部分ですので、しっかりと把握しておくようにしましょう。

TAITAN FX の関連記事こちらの記事も人気です。