Exness vs XM口座タイプ

海外FX業者のExnessとXM。たくさんある業者の中からこれだというところを選定し、いざ口座開設しようとしてみたところ、複数の口座があってどれを選んだらいいかわからないといったことはないでしょうか?そんな時、多くの方が、無難なスタンダード口座を選んでおけばいいかな?とあまり深く考えていなかったりしませんか?しかしながら、口座によって利用できるサービスやツールも異なるため、口座選びは慎重にしなければなりません。

今回はExnessとXM、それぞれの口座タイプについて見ていきたいと思います。

Exnessの口座タイプ

Exnessの口座タイプはスタンダード口座とプロフェッショナル口座に大別されます。
特筆すべきはレバレッジが2~無制限となっている点。無制限レバレッジは海外FXの中でもいまのところExnessだけとなっているようです。とはいえ、いつも無制限レバレッジがかけられるわけではなく、一定条件を満たした場合にのみ発動します。

スタンダードタイプは「スタンダード口座」「スタンダードセント口座」の2つです。
スタンダード口座よりもスタンダードセント口座の方が通貨単位は小さいため、初心者の方にはおすすめとなっています。

口座タイプ スタンダード口座 スタンダードセント口座
通貨単位(ドル) 100,000通貨 1,000通貨
取引商品 外国為替・貴金属
仮想通貨・エネルギー
インデックス・株式
外国為替・貴金属
レバレッジ 2倍~無制限 2倍~無制限
初回入金額 $10 $10
注文方式 成行約定 成行約定
スプレッド 0.3 pips~ 0.3 pips~
取引手数料 なし なし
マージンコール 60% 60%
ロスカット水準 0% 0%
取引ツール MT4・MT5 MT4のみ
最大Lot 200Lot 200 Lot

プロフェッショナル口座は「ロースプレッド口座」「ゼロ口座」「プロ口座」以下の3つです。
ロースプレッド口座とゼロ口座は手数料がかかりますが、プロ口座は手数料がかかりません。注文方式がプロ口座のみ即時約定となっている点がポイントです。いずれの口座もロスカット水準は0%なので思い切ったぎりぎりまでのトレードを実現できます。

口座タイプ ロースプレッド口座 ゼロ口座 プロ口座
通貨単位(ドル) 100,000通貨 100,000通貨 100,000通貨
取引商品 外国為替・貴金属
仮想通貨・エネルギー
インデックス・株式
外国為替・貴金属
仮想通貨・エネルギー
インデックス・株式
外国為替・貴金属
仮想通貨・エネルギー
インデックス・株式
レバレッジ 2倍~無制限 2倍~無制限 2倍~無制限
初回入金額 $1,000 $1,000 $1,000
注文方式 成行約定 成行約定 即時約定
仮想通貨は成り行き約定
スプレッド 0.0 pips~ 0.0 pips~ 0.0 pips~
取引手数料 片道最大$3.5 片道$0.2~ なし
マージンコール 30% 30% 30%
ロスカット水準 0% 0% 0%
取引ツール MT4・MT5 MT4・MT5 MT4・MT5
最大Lot 200Lot 200 Lot 200 Lot

XMの口座タイプ

XMの口座タイプですが主なものは3つとなります。スタンダード口座はその名の通り一般的なもの、マイクロ口座は最大ロット数が他の2つに比べると大きくなります。ゼロ口座はスプレッドが狭いのが特徴ですが、その分手数料がかかりますので、トータルで考えると手数料を取るかスプレッドを取るかの違いかと思われます。

口座タイプ スタンダード口座 マイクロ口座 ゼロ口座
口座基本通貨 米ドル
ユーロ
日本円
米ドル
ユーロ
日本円
米ドル
ユーロ
日本円
1Lotの通貨単位 100,000通貨 1,000通貨 100,000通貨
レバレッジ 1,000倍($5~20,000)
200倍($20,001~100,000)
100倍($100,001~)
1,000倍($5~20,000)
200倍($20,001~100,000)
100倍($100,001~)
500倍($5~20,000)
200倍($20,001~100,000)
100倍($100,001~)
スプレッド 1.0pips~ 1.0pips~ 0.0pips~
取引手数料 なし なし 往復1Lotあたり$10
最大保有ポジション 200 200 200
最小Lot数 0.01Lot 0.01Lot (MT4)
0.1Lot (MT5)
0.01Lot
最大Lot数 50Lot 100Lot 50Lot
口座開設ボーナス あり あり あり
入金ボーナス あり あり なし
最低入金額 $5 $5 $5

口座タイプから見るExness vs XMどちらが口座を開きたい海外FX業者?

ExnessとXMの口座タイプですが、どちらもオーソドックスなスタンダードタイプとスプレッドが狭い口座がありますので好みで選んでみても良いでしょう。口座種類がたくさんあると一見、選択肢が広がって良さそうに見えますが、実は選びにくいという難点があります。自分がどのようなトレード方法を取ってトレードしていくかによって、選択する口座は変わってきますので、その点を考慮して失敗しない口座開設を実現したいものです。

TAITAN FX の関連記事こちらの記事も人気です。