海外FX業者のExnessとXM。海外FXのポイントの一つに「取引形式(注文形式)」があります。取引形式って何?っていう方も多いと思いますが、おそらくこれについて詳しく知っている方はあまり多くないと思いますし、わざわざこの取引形式を知ったところで、トレーダーとしてはどうすることもできないからです。しかし、この取引方式によってはFXトレードによる利益が減少してしまうかもしれません。ちなみに取引方式には大きく2つ、DD方式とNDD方式があります。NDD方式にはSTP方式とECN方式もあります。

今回はExnessとXM、それぞれの取引方式(DD方式or NDD方式)について見ていきたいと思います。

DD方式とは?

DD方式とは「Dealing Desk」の略でディーリングデスクを意味します。これは、トレーダーからの注文を受ける際、FX業者を通してインターバンクに注文が出されるのですが、この際にトレーダーの注文が必ず発注されているとは限らず、ディーラー側にて調整可能となっていることから、FX業者に有利になる注文は市場に流して不利になる注文は市場に通さないといういわゆる「ノミ行為」が行われる可能性があるのです。このケースではトレーダーとFX業者の関係は利益相反となっており、トレーダーが儲かればFX業者がマイナスに、逆にトレーダーが損をするとFX業者がプラスになることとなります。

NDD方式とは?

一方のNDD方式ですが「Non Dealing Desk」の略でノンディーリングデスクを意味します。こちらではトレーダーの注文を受ける際、FX業者を通さずそのままインターバンクに注文が出されることになります。そのため、DD方式とは異なり透明性が高く安全なトレードができます。トレーダーとFX業者はトレーダーが儲かるとFX業者も儲かる関係(Win-Winの関係)になります。そのためFX業者は収入源をスプレッドに見出しますので、NDD方式のFX業者は必然的にDD方式よりスプレッドが広めになります。NDD方式は、約定拒否やスリッページなどが起こりにくくなっており、FX業者によってはスキャルピングも認められていることは多いのが特徴です。

さらにNDD方式には2種類の方式があり、それが「ECN(Electric Communications Network)
方式」と「STP(Straight Through Processing)方式」となります。まずECN方式では、スプレッドはほぼゼロになるものの、トレーダーから注文ごとに手数料を徴収しそれを利益とします。一方のSTP方式は、FX業者が若干スプレッドを上乗せすることで利益を上げます。

Exnessの取引方式

Exnessの取引方式ですが、全口座にてNDD方式を採用しています。Exnessは細かくいうと「Market Execution」と「Instant Execution」という2つのNDD方式が取られています。プロ口座だけが「Instant Execution」それ以外の口座はすべて「Market Execution」となっています。Market Executionは、FX業者がカバー先へ直接注文を出す仕組みです。Instant Executionはトレーダーの注文を一旦FX業者が決済し、ほぼ同時にカバー先へ流す仕組みです。

XMの取引方式

XMですが、Exness同様NDD方式が取られています。これにより透明性高い取引が行われています。

取引方式から見るExness vs XMどちらが口座を開きたい海外FX業者?ExnessとXM

ともにNDD方式です。ですから、どちらのFX業者を選んでも透明性の高いトレードが出来る点では安心と言えるでしょう。約定拒否もありませんし、スリッページもありません。その一方で、NDD方式がゆえにスプレッドが多少広めになっていることから、スプレッド重視のスキャルピングトレーダーやデイトレーダーなどにはあまり優しくないかもしれません。

ちなみにNDD方式ではないDD方式を採用していると言われる海外FX業者にはGEMFOREXがあります。GEMFOREXはDD方式とNDD方式の両方が採用されているという噂もありますが、真偽のほどは定かではありません。しかし、豪華なボーナスキャンペーンを行っていたり、スタンダード口座にもかかわらずスプレッドが異様に狭いFX業者の場合にはDD方式を採用している可能性も捨てきれませんので、意識しておきましょう。公式サイトにNDD方式を採用していると書かれている業者はすごく良心的です。海外FXでDD方式の場合には、おそらく公式サイトに記載されていることはないと思っておくと良いでしょう。

TAITAN FX の関連記事こちらの記事も人気です。