海外FX業者ExnessとXM。海外FXで口座を開く際には「ハイレバレッジトレードが出来る業者じゃないと困る」というトレーダーもいることでしょう。しかし、レバレッジが高ければ高いほどリスクも当然ながら高くなります。Exnessはなんと無制限(厳密には21億倍)、XMは1,000倍というハイレバレッジトレードが行える海外FX業者ですが、これらの業者でハイレバレッジトレードをリスク少なく行うには、ゼロカットシステムは必要不可欠です。

今回はExnessとXM、それぞれのゼロカットシステムについて見ていきたいと思います。

追証について

追証(追加証拠金)とは、取引によってトレーダーの口座残高がマイナスになってしまった場合、そのマイナス分をトレーダーがFX業者に支払うものです。追証がある場合にはゼロカットシステムはなく、逆に追証が無ければゼロカットシステムがある形となります。国内FXは追証があるためゼロカットシステムがありません。しかし海外FXでは追証がなくゼロカットシステムがあるのが一般的。とはいえ、全ての海外FX業者がゼロカットシステムを採用している訳ではないので注意が必要です。これから海外FX業者で口座開設を行う予定の方は、FX業者がゼロカットシステムをしているかどうかはしっかりチェックしておきましょう。ゼロカットシステムがあると思っていたものの、実はゼロカットシステムがなく借金を抱えてしまった、ということにならないよう、危機管理だけは徹底しておきたいものです。

ゼロカットシステムについて

ゼロカットシステムとは、為替相場の急激な変動によりロスカットが間に合わずに損失が発生した場合、FX業者が損失分を補填・負担してくれるシステムを言います。国内FX業者を利用してトレードをしている場合には、残高以上の損失が発生すると、追証(追加証拠金)として、損失分をFX業者に支払わなければならなくなってしまいます。つまり借金をかかえてしまうわけです。しかし海外FXであればその負担はマイナスになることなく口座残高をゼロにしてくれます。つまり、トレーダーは預け入れた証拠金以上の損失を背負うリスクがなくなるため、トレードだけを純粋に楽しむことができます。

海外FX業者側として、なぜゼロカットシステムをあえて行うのか?それはトレーダーに長く自社を利用してもらうことに他なりません。トレーダーが長くかつ頻繁にトレードをしてくれればくれるほど、FX業者に利益をもたらしてくれる、それを期待しているわけです。証拠金残高がマイナスになり市場から退場となれば、二度と利用してくれなくるかもしれません。そうなるくらいなら、マイナス分を肩代わりしてトレードをしてもらおうというのが、ゼロカットシステムが採用される理由です。とはいえ、トレーダーの損失が多ければ多いほど、FX業者としてはマイナス分を補填する額が増えるため企業として利益は失われます。トレーダーとしては借金を抱えずにトレードできる点は大きなメリットであると心得ておきましょう。

Exnessにはゼロカットシステムはある?

Exnessではゼロカットシステムが採用されています。Exnessの場合にはマイナス残高が発生した数時間以内にゼロカットが行われます。Exnessは他の海外FX業者に比べるとゼロカットの発動が早いと言われています。また、Exnessの場合には、証拠金維持率が0%になると強制ロスカット発動となります。マージンコールは60%を下回るとかかりますので、その際には意識しておきましょう。

XMにゼロカットシステムはある?

XMも当然ながらゼロカットシステムが採用されています。ゼロカットが発動されるタイミングはまちまちのようで、数分後に発動することもあれば、数日放置されていることもあるようです。XMにおいてゼロカットが発動するのは、有効証拠金がマイナスの場合となっています。つまり、残高的にはマイナスであっても、ボーナスや評価損益を考慮し有効証拠金がプラスの場合には、ゼロカットは発動しないということになっています。また、ゼロカットが発動されるのはマイナス残高が発生している口座のみとなっており、複数口座を保有していても他の口座の残高に影響はありません。証拠金維持率が20%を下回ると強制ロスカットになります。

ゼロカットシステムから見るExness vs XM、どちらが口座を開きたい海外FX業者?

ExnessとXMは両方ともゼロカットシステムが採用されている海外FX業者。そのため、ハイレバレッジをかけたトレードが思う存分できる点は魅力でしょう。どちらかというと、証拠金維持率が0%であるExnessのほうがぎりぎりまでポジションを保てる点からして良いと言えるかもしれません。

TAITAN FX の関連記事こちらの記事も人気です。