GEMFOREXでVPSサーバーを利用するメリット・デメリット

GEMFOREXではVPSサーバーを利用することができるのですが、FX初心者の方だと「そもそもVPSサーバーって何?」という疑問も出てくるかと思います。
GEMFOREXに限らず、FXトレードをおこなっていくのであればVPSサーバーについては知っておいたほうがいいでしょう。
ここでは、GEMFOREXでVPSサーバーを利用するにあたって知っておくべき基礎知識について触れていきたいと思います。

そもそもVPSサーバーとは?

そもそもVPSサーバーとは何なのかというところからお話していきましょう。
VPSの正式名称は「バーチャル・プライベート・サーバー」で、仮想専用サーバーのことを指します。
FXで自動売買をするときには安定した通信環境が必要になってくるわけですが、その安定した通信環境を提供してくれるのがVPSサーバーなのです。
最近はFXにおいて自動売買ツールを利用する方も多くなっていますし、GEMFOREXのように自動売買ツールに強みを持っている海外FXもあるわけです。
基本的に自動売買ツールというのはMT4をベースに稼働するのですが、せっかく優秀なFX自動売買ツールを利用していたとしても、肝心のMT4の通信が途切れてしまったのでは元も子もありません。
VPSサーバーを利用することで安定した通信環境でMT4を動かせるようになりますし、それと同時に自動売買ツールを安定した状態で稼働させることができるのです。

VPSサーバーを利用するメリットとは?

では、VPSサーバーを利用するとして具体的にはどのようなメリットがあるのでしょうか?

自動売買ツールを24時間安定して起動させることができる

先でもお話しましたように、FXで自動売買ツールを使う方はかなり多くなっています。
主にMT4を使って稼働させることになるのですが、VPSサーバーがあることによって24時間安定して起動させることができるのです。
そのため、24時間自動売買ツールを動かしている途中で通信が途絶えてしまい、エントリーが執行されなかった……といったリスクをぐっと抑えることができます。
もともと自動売買ツールというのはリスクが少ないものなのですが、VPSサーバーを利用することによってその少ないリスクをさらに抑えていくことができるのです。

約定スピードがアップする

VPSサーバーを利用することによって、約定スピードがアップするというメリットもあります。
約定スピードというのは、FXの注文を出してからFX業者に注文内容を受理されるまでの時間のことを指します。
VPSサーバーにはSolid State Drive、通称SSDと呼ばれるシステムが搭載されているのですが、これがちょうどハードディスク、いわゆるHDDの代わりの記憶装置になります。
データの読み書き速度がHDDの数倍早くなるメリットがあり、この機能のおかげで一刻一秒を争うエントリーや利食いなどの注文がスピーディーに執行されます。
約定のスピードがアップすることによって、思い通りのFXトレードができるようになるでしょう。
約定のスピードというのはFX業者を選ぶ際にも重視されるポイントのひとつになりますので、これも大きなメリットになってくるでしょう。

スキャルピングの精度がアップする

GEMFOREXを利用しているFXトレーダーの方には、スキャルピングをメインでおこなっているという方も少なくありません。
スキャルピングというのはFXにおける手法のひとつで、分単位で1日に何度も細かく取引をおこなっていくスタイルのことを指します。
VPSサーバーは安定した通信環境、高速で確実な注文の約定を実現してくれるものなのですが、スキャルピングにはこのどちらも欠かせません。
スキャルピングのような一刻一秒を争うような正確な約定が必要な手法では、VPSサーバーが最高の環境を用意してくれるのです。

パソコンが使えなくなったときにも備えられる

今の日本では異常気象が当たり前になりつつあります。
台風や豪雨に加えて、地震などのリスクもあります。
そういった中で停電を経験することもあるでしょう。
停電となってくるとその間、パソコンは満足に使えなくなります。
しかしながら、VPSサーバーがあれば仮にパソコンの電源を落としたとしても安定して24時間稼働してくれるのです。
自動売買ツールを使っているときにパソコンが使えなくなると絶望的な気持ちになるかもしれませんが、VPSサーバーが稼働していれば問題なくエントリーや約定をしてくれます。
今の時代、これ以上ないほどに心強い味方と言えるでしょう。

VPSサーバーを利用するデメリットとは?

先ではVPSサーバーを利用するメリットについてお話しましたが、VPSサーバーを利用するデメリットについても把握しておきましょう。
便宜上、デメリットという表現をしているものの、これらはVPSサーバーを利用するのであれば仕方のない部分でもあります。

お金がかかる可能性がある

VPSサーバーを利用する場合、月額料金を支払い続ける可能性が出てきます。
もちろん、そのVPSサーバーでカバーしているサービスにもよるのですが、毎月何千円というコストがかかる覚悟をしておいたほうがいいでしょう。
1万円以下の価格帯になっているものが多いのですが、それが毎月となってくると結構な負担になってくるかもしれません。
ちなみに、GEMFOREXであれば一定の条件を満たすことによってVPSサーバーを無料で利用することができます。

人によっては初期設定に苦労する可能性がある

VPSサーバーに限ったことではないのですが、初期設定というのは何かとややこしいものです。
特に、FX初心者の方にとってはVPSサーバーの初期設定というのはハードルが高く感じられるでしょう。
ただ、VPSサーバーにおいてはサポートシステムが充実している傾向にありますので、サポートセンターの経験豊富なスタッフに対応してもらえればそう大きな問題にはならないでしょう。

GEMFOREXとXMのVPSサーバーを比べてみました!

最後に、GEMFOREXとXMのVPSサーバーを比較してみました。

  GEMFOREX XM
導入条件 GEMFOREXでは、VPSサービスの利用条件は口座の入金額のみです。

入金額は日本円で50万円以上、米ドルで5,000ドル以上となっています。

XMで口座を開設し、有効証拠金を米ドルで5000ドル入金している必要があります。

また、他通貨であれば米ドル5000ドル相当の額の入金が必要です。

加えて、毎月500往復マイクロロットで実際にトレードしている実績が必要です。

上記条件を満たさない場合、毎月28ドルの使用料金を支払うことで利用できます。

日本語対応の可否 GEMFOREXVPSは、Merric Mirror Hosting.lncにより提供されます。

日本語でのサービス対応なので、非常に使いやすくなっています。

XMVPSサービスを利用するには、VPSを提供している別会社であるBeeksFXのサービスを利用します。

問い合わせ対応など、サービスの使用言語が英語になるためご注意ください。

導入条件、日本語対応のどちらにおいても、やはりGEMFOREXのほうが良心的と言えるでしょう。

TAITAN FX の関連記事こちらの記事も人気です。